Img_36b80942df3ffcda728d0ea456309dac
楓雅が保育園で作ったという こいのぼり。
目の位置はコレでいいのかなぁ 笑
Img_b18dcd673c528596e5535c3b8ba71e6a
何度も足を運んで選び抜いた植木が、遂に我が家へ。
Img_61a42230a8d5b3a18dcf62cfc7e21691
左から、アオシダレ(もみじ)、山もみじ、シラカシ。
結構安い値段で鳥海石も3つ譲ってもらった。

配置に関して指示しまくったから、植木屋さんには
めんどくせー奴と思われただろうな。笑
Img_3f443d31ade64eceb94340c3c50f07a8
気仙沼から両親と姉親子が遊びに来たぞ、の巻。
Img_a76c66065e3fcc318fd62cdd4bdcff46
Img_67bc1ac4f772bbdf277c988e6fe1217e
Img_fc7b686c5b987375db71c3ddf0969f0a
Img_5169a53121751e9b66b35fe4b7147b65
ここからは自分で庭造り。

今まで勉強してきた『 苔庭 』をつくる為、
パーライト、砂、黒土、樹皮培養土で土壌調整。

土は多めに入れ、起伏も作ってやりました。
Img_8223326bd84e8c4ce26951b56d195091
直射日光の緩和と排水・保水性向上の意味で軽石も使用。

前から構想していた庭が完成するまであと少し。
苔庭を見ながらビールを飲むのが今から楽しみで仕方がない!
Img_884682305046401f3d788c9620813359
一人で上り下りするようになった危険な野郎っこ。
Img_4c9dcab8535d91d96357430b77449565
選んだのは『 ハイゴケ 』という苔。
我が家の小さな庭は生意気にも日当たりが良い為、
それでも育つような強い苔にする必要がありました。

繊細で美しい種類ではないかもしれませんが…

Img_05e1772587335aa7231820fbff2b0655
全体に張った後、安定させる為に土と砂をかけて終了。
時間が経てばもう少し綺麗に馴染んでくれるでしょう。
Img_9f01d28f921f7a47db5547d372174336
早速息子たちも喜んでくれた様子。
『 おとうさん、いし、あったーーーー!』

そっちかーい。
Img_4b9d0abc57919924b2976d2cb56b362f
Img_f4ca5700fb7b37796335739772513216
調子に乗って頭から水をかぶった蓮と、追い打ちで冷たい視線をかぶせる楓雅。
風邪ひくぞ!
Img_20ca38ae06f4d92a0693bf3d35cdf916
苔玉を作ります。
使用する土は、ケト土、赤玉土、富士砂。
主役は余ったハイゴケとパキラです。


Img_6223660717271a0214334957d86b07d9
こねて丸めた土の周りに苔を張り、糸でぐるぐる巻きにして完成。
この苔玉で 家の中にも少し和が生まれました。
Img_74e77ae1ca0a2ce9235179f0618b467e
おひるね。
Img_d40bfdd16281cefd3895ff0ccc808590
砕石を巻き散らかした後、俺に言われて拾い集める楓雅。
Img_f252ff9108dedc0920fee18c6d234610
アオシダレの根元から、別のもみじの葉っぱが出てきた。
Img_9d9b56fcca3a73ec161d2f2d275938be
午後のおやつ。
Img_b71b8e8473ec9e8a58e916e03e0926ea
急に始まった変な動き。
Img_eaf35df8b4cede08fe7fbf2c9532b640
夕食前の自由時間。
Img_0165ec1abe76615b0d70c31cc521defa
住宅エコポイントでエアコンゲット。